美術館にて

f:id:decemberblue:20170728130134j:plain

今日も暑い一日。

確かに酷暑ではあるのですけれど、都会の暑さとは質が違います。

 

都会のこねずみさんたちの課題の為に美術館に来ています。

彼女たちの学校は私立なので夏休みの問題集のようなものはなく、

自主学習、自主研究をして、新学期に提出するのだそうです。

 

姪の母親である私の妹は以前書きましたがメガバンクで管理職をしています。

そして一緒に来ているHちゃんのお母さんは放送局にお勤めしているのだそうです。

どちらも両親ともに帰宅が遅いため、学童には預けることができず、

校内で預かってくれて、宿題や習い事もできるという私立の学校に

娘たちを入れているのだと聞きました。

 

猛暑の東京で早朝の電車に飛び乗り、終電近くまで働いている二人の母親からは、

毎日娘たちを案じるメールが大量に届きます。

二人が食べたり遊んだりしている画像を送ると大変喜んでくれます。

ですが、娘たちは母親からの電話やメールを鬱陶しいと思っているようで、

電話から逃げ回ったり、「うるさいなあ」と呟いています。

親の心、子知らず。

いつの時代も変わらないようです。

 

解放されている美術館の庭園で遊ぶ二人を眺めながら、

私は少しの間、ゆっくりお茶を飲みました。

焼きリンゴのパンケーキ アイスクリームのせ

f:id:decemberblue:20170727145502j:plain

パンケーキを食べにきました。

 

トッピングをさまざまな種類から選べる楽しいお店です。

都会の子ネズミたちはメニューが多すぎるから選んでほしいと言います。

二人ともリンゴが好きだというので、焼きリンゴとアイスクリームのトッピングを

選んで注文しました。

 

ところが、二人とも手をつけようとしません。

食べないの?と訊くと、

リンゴを焼いたのは嫌だし、アイスクリームをパンケーキに乗せるのも嫌だそうです。

嫌となったら指一本触れない子たちです。

むっつりと押し黙ってパンケーキから眼をそらしています。

 

私はパンケーキのお皿を眺めて途方にくれました。

 

「りんごとアイスクリームでどう?」

という聞き方がよくなかったようです。

 

仕方がないので二人の分はアイスクリームだけ注文することにしたのですが、

バニラ以外は合成着色料が怖いので食べないそうです。

 

パンケーキは私がおいしくいただきました。

夏の真昼の閑

f:id:decemberblue:20170726154428j:plain

「夏の真昼の閑(しずか)」という言葉がふと浮かんだのですが、

いつどこで聞いたのか、それとも目にしたのか、思い出せません。

 

仕事が1ミリも進まない昼下がり…

都会のネズミと田舎のネズミ

f:id:decemberblue:20170725133855j:plain

革張りの座面が……。

 

姪たちの滞在中、一番の被害者は彼かもしれないので叱れません。

これ以上のストレスは与えたくないのです。

 

昨夜の最終便で女子小学生が二人、この家にやってきました。

二人の両親には前もって食べ物のアレルギーや好き嫌いの有無を聞いておいたのですけれど、

どちらもアレルギーはなく、特別な配慮は不要とのことでした。

今日の朝食はゆで卵のサラダとヨーグルトとフルーツ、そしてシリアルを出しました。

すると姪はヨーグルトはA社の一種類のフレーバーしか食べられない、

と言うのです。

そして卵はオムレツとスクランブルのみ。

生卵やゆでたまごはだめだと言います。

姪の友人であるHちゃんはメロンとバナナが食べられないと言います。

シリアルはコーンフレークスのみ食べられるのだそうです。

二人とも牛乳は紙パックはだめで瓶のがいいとのこと。

難しいな、と思いつつこのままではお腹がすくだろうと、

買っておいた「妖怪ウォッチ」の菓子パンを差し出すと、

二人で顔を見合わせて原材料にマーガリンが入っているかと聞くのです。

入っている、と答えると身体に悪いので食べないと言います。

 

いつも遊びに来る近所のAちゃんという女の子が誘いに来てくれたので、

外で遊んで来たら?と促すと二人はそそくさと自分たちの部屋に行き、

ポーチから有名ブランドの日焼け止めと虫除けを取り出してスプレーし始めました。

真っ黒に日焼けしたAちゃんはきょとんとして玄関に立っています。

妖怪ウォッチ」のパン、食べる?と耳元で尋ねると、

ぱっと笑顔になって「食べる!」と大声で答えました。

都会から来た二人が着るものや髪形で騒いでいる間、

Aちゃんは玄関に座ってゆっくり菓子パンを食べ、ジュースを飲んで待っていました。

 

サマードレスにUVプロテクトのパーカーを羽織った二人と、

Tシャツにショートパンツ姿のAちゃんが出ていくのを見送って、

私は思わずふふ、と笑ってしまいました。

 

とりあえずの素麺

f:id:decemberblue:20170724122735j:plain

八月末までの仕事が全く進まないまま、今夜には姪たちがやってきます。

 

今朝も菓子パンとバナナという貧相な朝ごはん。

パンをくわえたまま電話に出て、

PCに向かいながらバナナを食べるという情けない朝です。

 

お昼もメールやら電話やらLINEやらの対応に追われて、こんなありさま。

素麺はゆでるのに時間がいらないので、さっと食べられるのがいいですね。

薬味や具材を用意する手間を惜しんで、

とりあえずキムチと卵黄で食欲を誘い出す作戦です。

素麺がよく洗っていないのとぬるいのはいただけないので、

そこだけは妥協できません。

簡単でおいしい素麺は夏の強い味方ですね。

 

焼きそばパン

f:id:decemberblue:20170723140352j:plain

焼きそばパンの写真は撮らなかったので猫。

 

朝からバナナ一本と焼きそばパン一個で働いています。

焼きそばパンは、たまにものすごく食べたくなります。

今朝もそんな気分だったので買ってきてもらったのですが、

ファミリーマートの焼きそばパンは私には塩辛すぎました。

まだ口がひりひりしています。

唐辛子のように辛いわけではなくて、塩の辛さなのです。

期待していた味と違っていたこともあり、

今はかなり後悔しています。

 

普段と食生活が変わるのは私にとってはちょっとしたストレスなのですが、

明日からは姪が友人と二人でやって来るので、そうも言っていられません。

彼女らはここに滞在している間に夏休みの課題を全部終わらせる、

というミッションも携えてきます。

監督責任重大です。

 

 

七ロ万・〆張鶴

f:id:decemberblue:20170722135934j:plain

ちょっと飲みすぎました。

 

この数年はごく稀におつきあいでビールを一杯飲むくらいで、

お酒とはほぼ無縁の日々を送っていたのですが、

昨夜は久しぶりにおいしい日本酒を飲みました。

七月を目指して造られるという「七ロ万」は、

まさにこの時期にぴったりのきりりと爽やかなお酒でした。

 

そして、大好きな「〆張鶴

最後に飲んでからどれほど経つかもうわかりませんが、

怖いほどいくらでも飲めてしまいます。

まるで旧友に再会したような嬉しさでした。

 

今度いつ会えるかわからないけれど、また会いたいと思いながら、

今日から再び節制します。