雪花菜と夏野菜の煮びたしと夢の話

f:id:decemberblue:20170512144729j:plain

雪花菜と書いて「おから」と読みます。

亡くなった母は「おきらず」と呼んでいました。

「おから」というと「(おさいふが)空になる」からだそうです。

大好きだけど一度にたくさんできてしまうのが悩みの種です。

 

煮びたしは南瓜しか写っていませんが、茄子とピーマンも入っています。

おいしいですよね。

ごはんにもお素麵にもよく合います。

夏になると毎日でも食べたくなります。

 

今朝の夢は不思議でした。

本物の赤ちゃんにそっくりな精巧なロボットが出てきたのですが、

増殖する機能があるらしく、増えていくのです。

最初は警戒しつつも興味深く見守っていたのが、

途中からなんともいえない恐怖と嫌悪を感じていくのです。

まるで出来の悪いSFホラー映画のような夢でした。