再び古い街へ

f:id:decemberblue:20180730144257j:plain

夏休みの宿題がてら昔の廻船問屋の邸宅へ。

逆光ですが、磨き込まれた床と連なる布玉のコントラストが美しい「綿の森」

ここで栽培している綿で作ったそうです。

親切なガイドさんが綿花の苗をこねずみたちに分けてくださいました。

東京に持って帰っても植えるところがないのでプランターに植えました。

私が世話をするということですね。

 

 

f:id:decemberblue:20180730145305j:plain

それにしても、手入れが行き届いた古い日本家屋はどうしてこんなに美しいのでしょう。